页面有问题?请点击打印板-》打印版                  [推荐此文给朋友]
[博讯主页]->[大陆新闻]
   

日媒涉嫌杜撰薄熙来专访十分诡异 遭狂批
请看博讯热点:王立军、薄熙来事件

(博讯北京时间2012年5月13日 转载)
    来源:美国之音
    
       日本发行量较大的《富士晚报》(Yukan Fuji)5月11日独家报道,日本一位媒体人3月26日在北京专访到被软禁中的薄熙来,薄熙来否认大多数丑闻,还说后悔没和谷开来早离婚。此消息一经发布便引起轩然大波,在大多数人以为匪夷所思之时,亦有媒体引述观点解读这可能意味着薄案出现所谓“转机”。不过,该报报道时机颇令人费解,而且内容漏洞百出,遭到众多质疑者批判。 (博讯 boxun.com)

    
      《富士晚报》的报道称,日本国会新闻社编集次长宇田川敬介曾就职于大型超市集团Mycal(后来被永旺集团合并),在这个集团进军大陆市场时负责法务工作,因而认识时任大连市长的薄熙来及其妻子谷开来律师,此后两家有来往。
    
      中国安全部2012年3月26日请宇田川协助调查薄熙来,宇田川以会见薄熙来为条件,中方准许他在监视下与薄熙来在天安门广场附近的北京饭店吃饭,但不准拍照和录音。同席有二名翻译,其中一名是国家安全部的人,餐厅门外还有穿制服的二名警官负责警备工作。
    
      宇田川表示,薄熙来神态还算温和平静,他否认有关他的大多数丑闻,也否认他的失势是因为权力斗争,而说是因为他打黑得罪了一些市政府官员。薄熙来说:“他们的残存势力找到妻子出事的时机来整我,我是被他们设计陷害的。”薄熙来说他会复活。薄熙来还表示,他和谷开来分居十多年,为了小孩,也为了不想阻碍自己的仕途而没离婚,现在后悔莫及。
    
      《富士晚报》这篇文章将薄熙来称作“中国“失脚大物”薄熙来氏”。该新闻发布稍晚些时候,《中国时报》发布署名朱建陵的新闻分析文章《专访潜藏保薄反薄政治角力》称,正被“软禁”的中共政治局委员薄熙来,居然获准和一个日本人吃饭、谈案情,实在不可思议,但这就像近期众多关于薄熙来的新闻一样,新闻的背后还有新闻,中共高层不同势力分别透过境内、境外媒体放话,意图达成自己的政治目的。日本《富士晚报》关于薄熙来早与谷开来分居十多年的消息,就是为了达到“先救谷开来,下一步就是将谷开来和薄熙来区分开来”的效果。只是,为达成这种效果,严重违反中共党内纪律,放任薄与一个日本人会面,背后必然有极粗壮的臂膀支撑着。不过有分析认为单就报道内容看,薄熙来否认涉及内部权斗,自称扫黑得罪了很多人,并招致了他们的抹黑,应该不无原因。
    
      美国之音引述中国政治观察家们的话说,该报道亦令其中十分“诡异”。不过,报道称熟悉中共政治的专家似乎从中嗅到了某种味道,认为薄熙来可保性命无忧,牵连人员也有望解脱。不过台湾学者寇建文也对其内容真实性提出批驳,认为从这个采访方式和内容上看,媒体盛传的薄熙来可能被判死罪的说法是不太可能的。从薄熙来在这次采访中所透露出来的信息看,中共是准备对薄熙来的错误或者罪行做切割处理,把薄熙来跟他的太太谷开来分开,从而减轻薄熙来的责任。
    
      另外《富士晚报》的报道时机也令人怀疑,3月26日的会面,为什么要等到5月11日才报道?为什么是现在?时机选择有什么深意?实际上,薄熙来事件延烧至今再无新料可爆,于是各个媒体在官方消息的空窗期尽力挖掘甚至不惜恶意炒作薄熙来事件的报道早已屡见不鲜,《富士晚报》选择在这一时段散播一个多月前的专访,岂能不令人怀疑?
    
      观察人士称,从报道的内容看,很难想象薄熙来在监视下,还能说出“复活”、“后悔没和谷开来离婚”之类的话,这是不符合常理的事情。
    
      再者,虎死不倒威,薄熙来以上的话语近乎在求饶,以薄以往的强势执政姿态,求饶可能性很小。并“怀疑这是某些人在抹黑薄熙来”。
    
      据公开资料显示,《富士晚报》是日本东京发行的面向右翼的小报,是世界上发行量最大的报纸之一,包括当地新闻、体育、经济、工作等新闻。2012年4月曾制造中国欲从日本人手中购买钓鱼岛的谎言而颇受诟病。
    
      附:《富士晚报》报道《中国“失脚大物”薄熙来氏》日语原文
    
      中国“失脚大物”薄煕来氏を独占インタビュー!初めて明かされる真実2012.05.11
    
      薄煕来氏(AP)【拡大】
    
      中国共産党の次期最高指导部入りが确実视されながら、3月に失脚した薄煕来(ハクキライ)前重庆市党书记に、国会新闻社の宇田川敬介次长が先月末、北京で、日本人ジャーナリストとして初めて接触に成功した。宇田川氏は以前、総合スーパー「マイカル」に勤务し、中国进出时の法务交渉担当を务めており、薄氏とは大连市长时代から深い交流があった。中国の情报机関「国家安全部」の监视のもと、软禁状态にある薄氏と3时间にわたって会食し、一连のスキャンダルなどについて闻き出したという。
    
      「薄氏は少しやつれていたが、穏やかな表情だった。共産党内の権力闘争や、自らのスキャンダルの多くを否定していた。会食したのが、民主党の小沢一郎元代表に无罪判决が出た当日(4月26日)だったので、『私は(小沢氏のように)复活する』と语っていた」
    
      宇田川氏はこう语る。会食は天安门広场近くにある高级ホテル「北京饭店」で行われた。
    
      薄煕来解任事件は、薄氏の妻、谷开来(コンカイライ)容疑者に英国人杀害容疑がかかっているほか、共産党内部の権力闘争説やクーデター説が流れたり、不正蓄财の疑いで亲族が调査を受けるなど、大规模なスキャンダルに発展している。
    
      宇田川氏は、薄氏と1997年、マイカル大连店の出店准备时に知り合った。薄氏は当时、大连市长。同年末、マイカルと弁护士である妻の谷容疑者と顾问契约したこともあり、家族ぐるみの付き合いをしてきた。
    
      2000年ごろ、薄氏と谷容疑者に离婚问题が浮上した。宇田川氏は外国人仲介人として离婚调停に関わった(调停成立も、离婚はせず)。
    
      国家安全部侧は今年3月、薄氏の家族関系について确かめるため、宇田川氏に捜査协力を求めてきた。この协力の见返りとして「写真と録音はNG」という条件で、宇田川氏は薄氏との会食を许可されたという。
    
      北京饭店3阶の个室では、宇田川氏と薄氏、通訳2人(うち1人は国家安全部の人间)がテーブルを囲み、鸟の塩がま焼きやフカヒレの姿煮、北京ダック、鲍のステーキなどを堪能した。外では制服警官2人が警备していた。
    
      宇田川氏は「最初は昔话で盛り上がり、途中から、薄氏は谷容疑者の悪口を言い始めた。调停は成立して10年以上も别居していたが、『子供の问题や出世の妨げになる』として离婚はしていなかった。薄氏は、妻の杀人を否定せず、『离婚しておけばよかった…』と后悔していた」と语る。
    
      日本では、薄氏失脚に络み、さまざまな报道・情报が飞び交っている。
    
      宇田川氏は当然、真伪を问いただした。薄氏はこう语ったという。
    
      「共産党内部の権力闘争ではない。私は重庆市党书记として、マフィア组织(?会)の取り缔まりを彻底的にやった。マフィアと癒着している市干部も排除した。これが恨まれた。别居している妻の事件が起きたタイミングで、彼らの残存势力にハメられたのだ」
    
      宇田川氏は北京滞在中、别の中国共産党干部にも面会し、薄氏の事件について説明を求めた。
    
      干部は「もし、野田佳彦首相の妻が英国人を杀し、侧近が米国大使馆に逃げ込んだら、野田首相は现在のポストにとどまれますか? 権力闘争…という记事は信用に値しない」と语ったという。
    
      薄氏との会食终盘、ホテルのフロントに頼んでいた小沢氏の判决结果がメモで入った。薄氏は小沢氏のことをあまり知らなかったが、置かれた立场からシンパシーを感じたようで、「日本では复活できるんだな…」と満足そうな表情を见せたという。そして、会食が终わると、「アイ・シャル・リターン」といい、部屋を出ていったという。
    
      ■薄煕来(はく・きらい) 1949年、山西省定襄県出身。父は革命歴戦の将で、副総理まで务めた薄一波氏。80年に中国共産党入党。大连市长や辽宁省长、商务部长(商务相)などを経て、2007年に中央政治局员となり重庆市党委书记に就任する。大规模汚职事件の摘発に仱瓿訾贰ⅲ保担埃叭艘陨悉蛘kした。大连市长时代から、日本企业の诱致などで手腕を発挥し、日本の政财界とは深い関系を持つ。12年3月、重庆市党委书记を解任される。 _(网文转载) (博讯 boxun.com)
1193581037
分享:
blog comments powered by Disqus
   
相关报道(更多请利用搜索功能):
·遭软禁外媒还能专访? 保薄反薄熙来政治角力
·“薄熙来软禁中接受专访”疑是假消息
·薄熙来软禁中接受专访 后悔为孩子没跟谷离婚
·未刊批薄熙来评论 重庆媒体遭集体整肃
·薄熙来案牵出大连企业又一批金主
·英媒:中共「双规」与薄熙来的命运
·16名老党员上书痛批薄熙来要求撤职周永康
·涉薄熙来案,万达的王健林并未安全
·薄熙来陈光诚案 中共当局高谈依法治国
·涉薄熙来案 北京日报社长梅宁华贪污腐败被揭
·薄熙来将连续两周入选美国时代杂志封面人物
·薄熙来策划大连空难:为阻止国安向北京密报
·纽时:薄熙来浮夸 无情扫路障
·薄熙来案:徐明供出更多关键人物,大连原班人马几乎全卷入 (图)
·薄熙来差点成功 赴云南就为制造不在场假象
·铲除薄熙来“遗迹” 北京祭文革手法
·挺薄熙来的王铮已经被捕?
·薄熙来金主红顶巨商王健林不倒的秘密
·红色贵族、既得利益集团力保薄熙来,要“大事化小”
·重庆1695人及1045户访民给市委薄熙来书记, (图)
·林保华:薄熙来成了外国老鼠/薄熙来迫害法轮功
·薄熙来主政的辽宁省坚持惩罚“反腐英雄”周伟
·司法局长随意奸污因未婚同居被劳教青年,在薄熙来任内步步高升
·薄熙来“翻案”石破天惊 政情扑朔迷离/陈维健
·王一平:命也,运也,薄熙来
·奇怪,新华网至今还保留薄熙来的正面报道/林山
·专家:“邓头毛身”是薄熙来事件的土壤
·薄熙来在18大之前所引发的中共政治危机研讨会今晚纽约时间8时开辩
·薄熙来事件暴露了共产党的全部缺点
·特赦薄熙来的建议书
·薄熙来的话提供了一条大线索 — 关于“政法委协调”这种司法制度/鲍彤
·薄熙来与中共“机械化”/王力雄
·严打薄熙来,谁痛?谁吐血?/网络游戏
·薄熙来下台昭示非常状态——军方高调介于社会维稳/ 牟传珩
·薄熙来事件:中共黑洞式地吸纳自身罪恶/刘青
·薄熙来不具备东山再起的条件/谷雁翔 (图)
·为什么不少重庆人为薄熙来叫冤?/胡平
·薄熙来窃听高层电话显示其官德败坏
·薄熙来十大罪状
·中国准“国家领导人”闪电倒台——薄熙来专权腐败的制度性病因/ 牟传珩
·“准国家领导人”闪电倒台:薄熙来专权腐败的制度性病因
·吴国光:陈光诚比薄熙来更能考验温家宝
联系我们


All rights reserved
博讯是畅所欲言的场所、所有文章均不一定代表博讯立场
声明:博讯由编辑、义务留学生、学者维护,如有版权问题,请联系我们。另外,欢迎其他媒体 转载博讯文章,为尊重作者的辛勤劳动以及所承担风险,尊重博讯广大义务人士的奉献,请转载时注明来源和作者。